メディカルレビュー


  1. トップ > 
  2. 雑誌 > 
  3. HIV感染症とAIDSの治療 > 
  4. HIV感染症とAIDSの治療2010年11月号(Vol.1 No.2)
HIV感染症とAIDSの治療2010年11月号(Vol.1 No.2)
  • バックナンバー

HIV感染症とAIDSの治療

HIV感染症、AIDS診療の専門性の高い情報誌

2010年11月号(Vol.1 No.2)

2010年11月発売

座談会 HIV感染症/AIDSの治療:AZTの時代から今日までの軌跡

定 価 2,640円(本体2,400円+税)
版 型 A4判変型
頁 数 96頁
ISBN 978-4-7792-0664-1
ISSN 2185-1689

在庫

このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

○座談会
  HIV感染症/AIDSの治療:AZTの時代から今日までの軌跡/司会:満屋裕明 /高月 清 /池上千寿子 /岡 慎一
○診断と治療のTopics
  ・Roundtable:HAARTと皮疹/司会:岡 慎一 /立川夏夫 /宮川寿一 /渡辺恒二
  ・IAS-USAガイドラインUp-Date/白阪琢磨
  ・冠血管障害と動脈硬化/本田元人
  ・HIV関連リンパ腫/萩原將太郎
  ・HIV感染症患者の肝機能障害/上平朝子
  ・治療薬物モニタリング(TDM)/吉野宗宏
○Q&A形式Case Study
  Question/岡 慎一
    1.脂漏性湿疹の患者に対するHIV検査
    2.糖尿病の合併があり,インスリン治療を受けている患者に対するHIV治療
  Answer/今村顕史 /宮川寿一 /山本政弘
○Case Report
  ・エトラビリン使用症例における診療の実際/立川夏夫
  ・マラビロク使用症例における診療の実際/松下修三
○学会Repport
  ・5th International Workshop on HIV Transmission/ 18th International AIDS Conference/杉浦 亙
  ・18th International AIDS Conference/松下修三
○Photo Quiz
・皮膚カポジ肉腫の診断よりHIV感染症が判明。食欲不振,便潜血を呈し,内視鏡検査を施行した。鑑別診断方法は?/永田尚義
・複数の性感染症の既往があり,腸炎をきたした場合の鑑別疾患と今後の検査,治療法は?/渡辺恒二
○専門医に聞く
  中枢神経障害(うつ病)/上島国利
○Related Articles/立川夏夫
  ・ACTG 5202試験
  ・HEAT試験

ページトップへ

学会カレンダー

糖尿病領域のオンライン投稿誌 Diabetes Frontier Online

流れがわかる英語プレゼンテーションHowTo

医学・薬学

栄養

介護・福祉