メディカルレビュー


  1. トップ > 
  2. 雑誌 > 
  3. HIV感染症とAIDSの治療 > 
  4. HIV感染症とAIDSの治療2010年6月号(Vol.1 No.1)
HIV感染症とAIDSの治療2010年6月号(Vol.1 No.1)
  • バックナンバー

HIV感染症とAIDSの治療

HIV感染症、AIDS診療の専門性の高い情報誌

2010年6月号(Vol.1 No.1)

2010年5月発売

座談会 新しくなった抗HIV治療の指針:改訂米国DHHSガイドラインの要点

定 価 2,640円(本体2,400円+税)
版 型 A4判変型
頁 数 90頁
ISBN 978-4-7792-0560-6
ISSN 2185-1689

在庫

このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

○座談会
  新しくなった抗HIV治療の指針:改訂米国DHHSガイドラインの要点/司会:満屋裕明 /出席:岡 慎一 /白阪琢磨 /立川夏夫
○ガイドライン改訂のPoints
  DHHSガイドラインについて/白阪琢磨
○診断と治療のTopics
  ・HIVと脳血管障害/味澤 篤
  ・HIV感染者における骨代謝異常/古西 満 /宇野健司
  ・慢性腎臓病(CKD)の診断とHIV感染症診療における留意点/田邊嘉也 /竹田徹朗 /成田一衛
  ・HIV感染症の検査と診断/福武勝幸
○Q&A形式Case Study
  Question/松下修三
    1.CD4+細胞数:450/μLの経過観察中の症例での下血
    2.肝機能障害を繰り返す症例
    3.横紋筋融解症合併の処置
  Answer/潟永博之 /高田 昇 /安岡 彰
○Case Report
  ・ダルナビル使用症例における診療の実際/矢崎博久
  ・ラルテグラビル使用症例における診療の実際/横幕能行
○学会Repport
  17th Conference on Retrovirusesand Opportunistic Infections/松下修三
○Photo Quiz
・抗HIV療法中に重篤な病態を呈したため治療中断となったが,状態の改善後,急速に汎血球減少が進行した。診断は何か?/濱口元洋
・痙攣にて発症した脳の腫瘤性病変:疑うべき疾患と鑑別診断法は?/宮川寿一
○専門医に聞く
  脂質異常症/石橋 俊
○Related Articles/立川夏夫
  ・STARTMRK試験
  ・ARTEMIS試験

ページトップへ

学会カレンダー

糖尿病領域のオンライン投稿誌 Diabetes Frontier Online

流れがわかる英語プレゼンテーションHowTo

医学・薬学

栄養

介護・福祉