メディカルレビュー


  1. トップ > 
  2. 雑誌 > 
  3. THE BONE > 
  4. THE BONE2009年4月号(Vol.23 No.2)
THE BONE2009年4月号(Vol.23 No.2)
  • バックナンバー

休刊

THE BONE

多岐にわたる骨疾患領域のトピックスをレビュー

2009年4月号(Vol.23 No.2)

2009年4月発売

特集 骨粗鬆症を取り巻く医療経済

定 価 2,310円(本体2,100円+税)
版 型 A4判変型
頁 数 114頁
ISSN 0914-7047

在庫

このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

■特集 骨粗鬆症を取り巻く医療経済

○特集にあたって/林 泰史
I.医療経済の基礎知識
 1.医療経済の概念と基礎知識/高山一夫
 2.医療技術の経済評価手法―質調整生存年(QALYs)と効用値を中心に―/池田俊也
 3.世界各国の保健医療支出と健康寿命/八谷 寛
 4.予防医学の費用対効果/上村隆元
II.骨粗鬆症の医療経済
 1.骨粗鬆症における各種骨折の医療経済/萩野 浩 ほか
 2.骨粗鬆症に対する薬物療法の医療経済/田中 清
 3.骨粗鬆症に対する有効な介入方法―医療経済的観点から―/原田 敦
 4.転倒の医療経済に及ぼす影響/林 泰史
III.骨粗鬆症と他疾患との比較
 1.関節リウマチに対する新薬―TNF阻害薬―の費用対効果/丹野 亮 ほか
 2.脂質異常症治療の費用対効果/横山信治
 3.糖尿病治療の費用対効果/鎌江伊三夫 ほか
 4.高血圧治療の費用対効果/長谷川敏彦

■連載
◎ホネのかたち 第14回
 哺乳類の骨格 2―マクロスケリデス目,ハリネズミ目,有鱗目―/佐々木基樹
◎海外文献紹介
 1.SIRT6は,ヒストンH3の9番目のリジン残基を脱アセチル化し,NF-κBに依存する遺伝子発現と生物の寿命を制御する/山下照仁
 2.胚性幹細胞を用いた軟骨内骨化を介した骨組織再生/手塚建一
 3.閉経後骨粗鬆症における新規椎体骨折リスク低減効果に対するバゼドキシフェンの有益性:3年間のランダム化プラセボおよび活性体比較試験/和田誠基
4.TRAF6は破骨細胞において核内転写コアクチベータとして機能している/安井哲郎 /田中 栄
◎巻頭グラビア
 細胞周期の停止した破骨細胞前駆細胞(QOP)の同定/溝口利英 ほか

ページトップへ

学会カレンダー

糖尿病領域のオンライン投稿誌 Diabetes Frontier Online

流れがわかる英語プレゼンテーションHowTo

日常臨床ですぐ使え実践的で、症例データベースサイト“Case Library”との連携が便利な症例集シリーズ“Case Library Series”

医学・薬学

栄養

介護・福祉