メディカルレビュー


  1. トップ > 
  2. 糖尿病・内分泌・代謝 > 
  3. その他

その他

表示順:     昇降順:     表示件数: 
     

14件中、1~10件目を表示

1 | 2 | 次へ   最後
甲状腺眼症診療の手引き

甲状腺眼症診療の手引き

定価 6,600円(本体6,000円+税)
ISBN 978-4-7792-2272-6
発売日 2020年6月15日

日本甲状腺学会・日本内分泌学会による日本初の「甲状腺眼症」の診療の手引き!

在庫

ヌーナン症候群のマネジメント

ヌーナン症候群のマネジメント

定価 3,850円(本体3,500円+税)
ISBN 978-4-7792-2002-9
発売日 2017年12月4日

ヌーナン症候群の病態、診断、治療管理について解説した1冊。

在庫

ホルモンのしくみ

ホルモンのしくみ
―疾患別ケアのポイント―

編集 赤水尚史

定価 3,080円(本体2,800円+税)
ISBN 978-4-7792-2007-4
発売日 2017年12月1日

様々な部位で分泌されるホルモンが全身のあらゆる臓器に作用することで生じる疾患について、メディカルスタッフ向けに描き下ろした1冊。

在庫

甲状腺ホルモンと関連疾患

甲状腺ホルモンと関連疾患

定価 5,390円(本体4,900円+税)
ISBN 978-4-7792-1969-6
発売日 2017年10月5日

甲状腺ホルモンの多面的な作用,他の領域の疾患との関連を説明した本格的な学術書籍。

在庫

骨・臓器ネットワークとオステオサイト

骨・臓器ネットワークとオステオサイト

定価 2,970円(本体2,700円+税)
ISBN 978-4-7792-1646-6
発売日 2016年2月19日

骨代謝領域の基礎から臨床、さらには将来の課題までが俯瞰できる1冊

在庫

尿酸代謝ワールドと高尿酸血症の病態解明

ここまで明らかになった!
尿酸代謝ワールドと高尿酸血症の病態解明
~診療と医学の最前線~

定価 3,080円(本体2,800円+税)
ISBN 978-4-7792-1483-7
発売日 2015年6月26日

“古くて新しい”高尿酸血症について,誰にでも見やすく、わかりやすく解説。高尿酸血症に携わる全ての医療従事者へ。

在庫

実臨床に役立つ頸動脈エコー時の甲状腺形態異常のみかた

実臨床に役立つ頸動脈エコー時の甲状腺形態異常のみかた
―診断の実際と精査の基準―

責任編集 貴田岡正史

定価 2,200円(本体2,000円+税)
ISBN 978-4-7792-1385-4
発売日 2014年12月4日

甲状腺超音波診断のエキスパートがわかりやすく解説。頸動脈エコー時の甲状腺形態異常の拾い上げ,精査対象の絞り込みのための手引き。

在庫

改訂版 Acromegaly Handbook

改訂版 Acromegaly Handbook

定価 4,620円(本体4,200円+税)
ISBN 978-4-7792-1093-8
発売日 2013年7月1日

・先端巨大症(Acromegaly)は、比較的まれな疾患であるが、代表的な内分泌疾患である。適切に治療すれば一般人と同様の寿命を全うすることができる。
・本書は,図表を多くして,アクロメガリーに関する読者の理解を容易にする工夫が随所になされている。

在庫

甲状腺疾患の疾病管理テキスト

甲状腺疾患の疾病管理テキスト
第2版 

監修 宮内昭

編集 網野信行

定価 3,850円(本体3,500円+税)
ISBN 978-4-7792-0997-0
発売日 2012年11月1日

隈病院における甲状腺疾患診断の基礎知識(検査値の読み方など)と、代表的な内分泌内科疾患の取り扱い方を概説したテキスト第2版!

在庫

目で見る脂肪細胞とインスリン抵抗性

目で見る脂肪細胞とインスリン抵抗性

定価 3,080円(本体2,800円+税)
ISBN 978-4-7792-0074-8
発売日 2007年3月15日

メタボリックシンドロームの発祥メカニズムを理解するうえで重要な脂肪細胞の働きとインスリン抵抗性の病態・メカニズムをわかりやすくイラストを用いて解説した。

在庫

14件中、1~10件目を表示

1 | 2 | 次へ   最後

糖尿病領域のオンライン投稿誌 Diabetes Frontier Online

流れがわかる英語プレゼンテーションHowTo

日常臨床ですぐ使え実践的で、症例データベースサイト“Case Library”との連携が便利な症例集シリーズ“Case Library Series”

栄養

介護・福祉

Selected Papers 文献データベース 注目のCOPD関連論文を4人のレビュアーが厳選