メディカルレビュー


  1. トップ > 
  2. 呼吸器・胸部疾患 > 
  3. その他 > 
  4. いきいき在宅呼吸ケア
  1. トップ > 
  2. 患者指導・一般・読物 > 
  3. エッセイ・読物 > 
  4. いきいき在宅呼吸ケア

いきいき在宅呼吸ケア
―患者さんからのメッセージ―

いきいき在宅呼吸ケア

定価 1,650円(本体1,500円+税)
版 型 A4判
頁 数 72頁
ISBN 978-4-89600-994-1
発売日 2006年6月30日
監修 木田厚瑞

在庫

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 内容紹介
  • 目次

内容紹介

HOT(home oxygen therapy;在宅酸素療法)の健康保険が適用になってから20年余りが過ぎ,その恩恵を受けた患者さんは膨大な数になりました。慢性の,それも重い呼吸器疾患で苦しみながらHOTで在宅でのQOLの高い生活が続けられている患者さんは実に多いのです。本書は患者さんのそうした声と,患者さんと二人三脚を組んで歩んできた主治医の記録です。

本書が,これから酸素療法を受けるかもしれない患者さんの安心や支えとなり,また日夜,厳しい診療の現場で働く医療者の皆さんへの励ましのエールになれば幸いです。

(木田厚瑞「はじめに」より)

ページトップへ

目次

はじめに
●在宅酸素療法が私たちにもたらしたもの
○在宅酸素療法における呼吸リハの大切さ
○在宅酸素療法における病診連携
○在宅酸素療法―行政に望むこと
○在宅酸素療法(HOT)における事業者の役割とその課題患者から医師へのシグナル
●病気への理解と自己責任―肺気腫を患ってから思うこと
●いまだ変わらず夢は尽きない
●医療にまつわる人生
●無理しない,くよくよしない
●義父の介護から学んだこと―闘病を支えたもの
●マイナス面だけをみずに前向きに取り組んでほしいこと
●在宅酸素療法と往診に支えられて
●私はHOTワーカー1号です
●“LAMって何?”から1年半
●来年もまた,ハワイへ
●酸素が普及し,低肺運動が変わる

ページトップへ

糖尿病領域のオンライン投稿誌 Diabetes Frontier Online

流れがわかる英語プレゼンテーションHowTo

日常臨床ですぐ使え実践的で、症例データベースサイト“Case Library”との連携が便利な症例集シリーズ“Case Library Series”

栄養

介護・福祉

Selected Papers 文献データベース 注目のCOPD関連論文を4人のレビュアーが厳選