メディカルレビュー


  1. トップ > 
  2. 感染症・皮膚 > 
  3. 感染症 > 
  4. 最新・感染症用語ハンドブック

最新・感染症用語ハンドブック

最新・感染症用語ハンドブック

定価 3,520円(本体3,200円+税)
版 型 B6判 
頁 数 184頁
ISBN 978-4-89600-745-9
発売日 2005年1月15日
編集 柴孝也

在庫

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 内容紹介
  • 目次

内容紹介

今日における感染症(細菌学,臨床微生物学),その検査,薬剤耐性関連を含む抗菌薬関連まで,基礎的な用語を中心にまとめた。

研修医やレジデントのみならず,一般臨床医においても,本書を通して知識の上積みをしていただき,より効果的な感染症,抗菌化学療法への探索に,一歩でも接近していただくことが本書のめざすところである。

ページトップへ

目次

1. 最近の構造関連
  /細菌細胞壁 /ペプチドグリカン /細胞質膜 /細胞質 /リボソーム /プラスミド /莢膜 /鞭毛 /線毛 /リポポリサッカライド /外膜 /グラム陽性菌 /グラム陰性菌 /芽胞 /バクテリオファージ /染色体 /スピロヘータ /偏性好気性菌 /偏性嫌気性菌 /通性嫌気性菌 /コアグラーゼ

2. 病原細菌および病原因子関連
  /腸管出血性大腸菌 /緑膿菌 /腸内細菌叢 /黄色ブドウ球菌 /非定型抗酸菌(非結核性抗酸菌) /MAC /レジオネラ属菌 /内毒素 /外毒素 /マイコプラズマ /ボツリヌス毒素 /破傷風毒素 /細胞毒 /神経毒 /白血球毒 /耐熱性エンテロトキシン /易熱性エンテロトキシン /毒素性ショック症候群毒素 /エクソフォリアチン(表皮剥脱毒素) /コレラ毒素 /vero毒素 /ジフテリア毒素 /エンテロトキシン /キャンピロバクター /コアグラーゼ陰性ブドウ球菌 /セラチア /溶血毒 /志賀毒素

3. 抗菌薬関連
  /β-ラクタム系抗菌薬 /ペニシリン系抗菌薬 /セフェム系抗菌薬 /モノバクタム系抗菌薬 /カルバペネム系抗菌薬 /ペネム系抗菌薬 /マクロライド系抗菌薬 /クロラムフェニコール系抗菌薬 /テトラサイクリン系抗菌薬 /リンコマイシン系抗菌薬 /アミノグリコシド系抗菌薬 /グリコペプチド系抗菌薬 /ST合剤 /キノロン系抗菌薬 /フルオロキノロン系抗菌薬 /オキサゾリジノン系抗菌薬 /イソニアジド /リファンピシン /併用療法

4. 薬剤耐性関連
  /ポーリン /ロランスポゾン /接合伝達 /インテグロン /形質導入 /形質転換 /プロファージ /Rプラスミド /可動化 /エフラックス排出機構 /突然変異 /β-ラクタマーゼ /メチシリン感受性黄色ブドウ球菌(MSSA)メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA) /mec A /腸球菌 /多剤耐性結核菌 /多剤耐性緑膿菌 /修飾酵素 /DNAジャイレース /トポイソメラーゼIV /PBP(ペニシリン結合蛋白) /バンコマイシン耐性腸球菌(VRE) /VanA型・VanB型 /バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌(VRSA) /バンコマイシン(グリコペプチド)低感受性黄色ブドウ球菌(VISA/GISA) /多剤交叉耐性 /ペニシリン耐性肺炎球菌(PRSP) /マクロライド耐性肺炎球菌 /ESBL酸性グラム陰性桿菌 /メタロβ-ラクタマーゼ産生グラム陰性桿菌 /バイオフィルム

5. 検査関連
  /TDM /最高血中濃度 /最高血中濃度到達時間 /血中濃度―時間曲線下面積 /ディスク拡散法 /Kirby-Bauer法 /昭和ディスク法 /Eテスト /In situ hydridization法 /併用効果1・Checker-board法 /併用効果2・Cross E test法 /PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)法 /免疫測定法

6. 感染対策関連
  /院内感染 /スタンダードプレコーション /感染経路別予防措置 /針刺し事故 /滅菌と消毒 /グルタラール /次亜塩素酸ナトリウム /ポピドンヨード /アルコール /第四級アンモニウム塩 /グルコン酸クロルヘキシジン /滅菌法

附録
  /米国疾病管理予防センター(CDC)ガイドライン~病院における隔離予防策のガイドラインを中心に~ /抗菌薬有効菌種一覧表

ページトップへ

糖尿病領域のオンライン投稿誌 Diabetes Frontier Online

流れがわかる英語プレゼンテーションHowTo

栄養

介護・福祉

Selected Papers 文献データベース 注目のCOPD関連論文を4人のレビュアーが厳選