メディカルレビュー


  1. トップ > 
  2. 腎臓・泌尿器 > 
  3. Year Book of RCC 2020

Year Book of RCC 2020

Year Book of RCC 2020

定価 5,280円(本体4,800円+税)
版 型 B5判
頁 数 100頁
ISBN 978-4-7792-2371-6
発売日 2021年1月7日
編集 冨田善彦 金山博臣 植村天受 篠原信雄

在庫

購入する
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 内容紹介
  • 目次

内容紹介

2020年は新型コロナウイルス感染症で一色になってしまっていますが、腎細胞癌(RCC)治療に関してもいくつかの重要な進展がみられています。既存の治療では、IO doublet(ニボルマブ+イピリムマブ併用療法)の長期成績(4年(ESMO2020))、ペムブロリズマブ+アキシチニブ併用療法の中期成績(約2年(ASCO2020))、IO後のTKI治療の日本人データの発表(ASCO-GU)もありました。新規治療、薬剤では、ASCO2020において乳頭状腎細胞癌に対するMET-TKIであるsavolitinibの結果が報告され、ESMO2020において無治療進行症例に対するニボルマブ+カボザンチニブ併用療法の第Ⅲ相臨床試験、経口HIF-2 a阻害薬の第Ⅱ相臨床試験、第Ⅰb試験ではありますがアテゾリズマブ+カボザンチニブ併用療法の結果が報告されています。なかでも現場のわれわれの現時点での課題は、1次治療の選択かと思います。
 本号では、近畿大学の野澤先生、浜松医科大学の三宅先生、新潟大学の山名先生に1次治療選択の考え方について執筆をお願いしました。また、リスク分類別という観点からの腎細胞癌の長期成績について、徳島大学の高橋先生、広島大学の亭島先生、防衛医科大学校の伊藤先生にご執筆いただきました。また、【Round Table Discussion】ではIO+TKI併用療法施行症例に焦点を当ててディスカッションを行いました。また【特別寄稿】として、改訂された『腎癌取扱い規約』の主な改訂内容について、北海道大学の大澤先生に執筆いただいております。
本号もまた、少しでも皆様の日常診療の一助になれば幸いです。

ページトップへ

目次

Ⅰ Round Table Discussion
  IO+TKI併用療法の実際/冨田善彦/金山博臣/植村天受/篠原信雄
Ⅱ Topics of RCC 1次治療におけるIO併用療法の治療選択:IO+IO or IO+TKI
 1.各併用療法の長所と短所/野澤昌弘
 2.IO併用療法時代における進行腎細胞癌に対する至適薬物療法戦略/三宅秀明
 3.アプローチ別のレジメン選択/山名一寿 ほか
Ⅲ RCC Long-term prognosis
  RCC 薬物療法のリスト分類別の長期成績改善の変遷
 1.Favorable risk/高橋正幸 ほか
 2.Intermediate risk/亭島 淳 ほか
 3.Poor risk/伊藤敬一
Ⅳ 特別寄稿
 『腎癌取扱い規約第5版』改訂のポイント/大澤崇宏
Ⅴ 付録
  RCC関連演題の一覧(ASCO 2020,ESMO 2020)
  索引
  編集者プロフィール

ページトップへ

糖尿病領域のオンライン投稿誌 Diabetes Frontier Online

流れがわかる英語プレゼンテーションHowTo

栄養

介護・福祉

Selected Papers 文献データベース 注目のCOPD関連論文を4人のレビュアーが厳選