メディカルレビュー


  1. トップ > 
  2. 呼吸器・胸部疾患 > 
  3. 喘息 > 
  4. 重症喘息―定義、評価、治療に関するERS/ATSガイドライン日本語版―

重症喘息―定義、評価、治療に関するERS/ATSガイドライン日本語版―

重症喘息―定義、評価、治療に関するERS/ATSガイドライン日本語版―
  • 正誤表
  • 注文書

定価 3,300円(本体3,000円+税)
版 型 B5判
頁 数 112頁
ISBN 978-4-7792-1291-8
発売日 2014年5月16日
編集 ERS/ATS作成合同委員会
日本語版監修一ノ瀬正和

在庫

購入する
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 内容紹介
  • 目次

内容紹介

重症喘息の定義、評価、治療に関して、欧州呼吸器学会/米国胸部疾患学会の専門医および研究者がGRADEアプローチに従って系統的にエビデンスを要約した国際ガイドライン。

ページトップへ

目次

要 約
全体の概要
推奨事項
範囲および目的
序 論
方 法
利益相反の可能性の開示
本ガイドラインの使用法

1. ガイドライン作成合同委員会による重症喘息の定義
 ステージ1:喘息の確定診断および治療困難な喘息の同定
 ステージ2:重症喘息と軽症喘息の鑑別
 ステージ3:重症喘息のコントロール良好/コントロール不良の判断

2. 表現型分類:疫学、病因、病理生物学、構造、生理学
 重症喘息の表現型およびクラスター
 自然歴および危険因子
 遺伝学およびエピジェネティクス
 炎症および獲得免疫
  呼吸器感染
  自然免疫経路の活性化
  構造的異常
 生理学
 結 論

3. 評 価
 ステップ1. 患者が喘息であるという判断
 ステップ2. 併存症および寄与因子の評価
 ステップ3. 喘息の表現型分類に対するアプローチ

4. 治 療
 確立された喘息治療薬の使用
  ステロイド薬に対する非感受性
  吸入ステロイド薬および経口ステロイド薬による治療
  短時間および長時間作用性β2 刺激薬
  徐放性テオフィリン薬
  ロイコトリエン受容体拮抗薬
  長時間作用性抗コリン薬
 重症喘息に向けた具体的アプローチ
 治療の指針となる現在利用可能なバイオマーカー
 治療アプローチ
 重症喘息に対する分子レベルに基づく新たな実験段階の治療
 結 論

引用文献リスト
補足資料1
補足資料2
補足資料3

ページトップへ

糖尿病領域のオンライン投稿誌 Diabetes Frontier Online

流れがわかる英語プレゼンテーションHowTo

栄養

介護・福祉

Selected Papers 文献データベース 注目のCOPD関連論文を4人のレビュアーが厳選