メディカルレビュー


  1. トップ > 
  2. 看護 > 
  3. 基礎看護 > 
  4. コミュニケーションと共に学ぶ基礎看護技術

看護

コミュニケーションと共に学ぶ基礎看護技術

コミュニケーションと共に学ぶ基礎看護技術

定価 3,080円(本体2,800円+税)
版 型 AB判
頁 数 290頁
ISBN 978-4-7792-0411-1
発売日 2009年5月20日
編集 大津廣子 岩脇陽子

在庫

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 内容紹介
  • 目次
  • 読者の声

内容紹介

ページトップへ

目次

第1章 共通技術
・コミュニケーション技術
入院時のコミュニケーション
はじめての検査に不安を持つ患者さんとのコミュニケーション
終末期の患者さんとのコミュニケーション
安全管理の技術 ふらつきのある患者さんの安全な歩行の援助・安楽確保の技術 不安・不眠を訴えている患者さんの睡眠を促す援助 (腹式呼吸法・マッサージ・指圧)
・感染予防の技術 排泄物をとり扱う際のスタンダードプリコーション
・バイタルサイン 咳嗽と発熱のある患者さんのバイタルサインの測定と観察第2章 環境調整技術
・シーツ交換 脳梗塞の疑いのある患者さんのシーツ交換第3章 食事援助技術
・食事介助 上肢に麻痺のある患者さんの食事介助
・経鼻胃管栄養法 経口時に食事摂取ができない患者さんの経鼻胃管栄養法第4章 排泄援助技術
・ベッド上の排泄 検査後安静を要する患者さんのベッド上の排泄
・グリセリン浣腸 自力で体を動かすことができる患者さんのグリセリン浣腸
・導尿 術後の患者さんの一時的導尿第5章 活動・休息援助技術
・体位変換 意識障害のある患者さんの体位変換
・移動・移送 麻痺のある患者さんの車椅子への移動と移送第6章 清潔・衣生活援助技術
・口腔ケア 体力がない患者さんの口腔ケア
・全身清拭・足浴 麻痺のある患者さんの全身清拭・足浴
・陰部洗浄 術後の患者さんの陰部洗浄
・寝衣交換 点滴をしている患者さんの寝衣交換
・洗髪 臥床している患者さんの洗髪第7章 呼吸・循環を整える技術
・口腔・鼻腔吸引 自力で痰の喀出ができない患者さんの口腔・鼻腔吸引
・酸素吸入 呼吸困難感のある患者さんの酸素吸入
・温罨法 四肢冷感のある患者さんの温罨法
・冷罨法 発熱がある患者さんの冷罨法第8章 創傷管理技術
・無菌操作・包帯法 人工膝関節置換術後の患者さんの創部の消毒と包帯法第9章 与薬の技術
・経口与薬 高齢の患者さんの経口与薬
・直腸内与薬 発熱している患者さんの直腸内与薬
・皮内注射 ツベルクリン反応検査をする患者さんの皮内注射
・皮下注射 腹痛を訴える患者さんの皮下注射
・筋肉注射 外来の患者さんの筋肉内注射
・静脈内注射 注射部位の選択が困難な患者さんの静脈内注射
・点滴静脈内注射 発熱があり食欲不振である患者さんの点滴静脈内注射第10章 血液検体採取の技術
・採血 入院している患者さんの静脈血注射第11章 救急救命処置技術
・一時的救命処置(BLS) 心肺停止状態の患者さんのBLS

ページトップへ

読者の声

看護手順に必要な準備(患者への説明と同意の確認)の段階やナーシングに対する説明責任を果たせるように作成されているため参考になりました.
( 女性 看護師)
技術チェックのために購入しました.ボディメカニクスの活用やコミュニケーションの仕方などを参考にしていきたかったので活用できました.
( 女性 看護学生)
学校の実習の際に参考になりました,この本を参考にしたことにより,実習の際に患者さんとのコミュニケーションを積極的に行うことができました,
( 女性 看護学生)
コミュニケーションのとり方も技術も学べそうだったので購入しました.ひとつひとつの声かけが大切であると思いました.常に患者さんの目線にたってケアしていきたいです.
( 女性 看護学生)
エビデンスが読みやすく書かれていてる. クラークの点の図表もわかりやすかった,
( 女性 看護師)

ページトップへ

糖尿病領域のオンライン投稿誌 Diabetes Frontier Online

流れがわかる英語プレゼンテーションHowTo

日常臨床ですぐ使え実践的で、症例データベースサイト“Case Library”との連携が便利な症例集シリーズ“Case Library Series”

栄養

介護・福祉

Selected Papers 文献データベース 注目のCOPD関連論文を4人のレビュアーが厳選